投資のヒント

株式投資にとって有益な情報とは?

株式投資をするにあたって、色々な媒体でたくさんの情報を仕入れていることと思います。

そこで、今回はその情報の種類や有益性について考えてみたいと思います。

株式投資にとって有益な情報とは?

まず、株式投資の情報には大きく分けると次の2種類があると思います。

1. 個別銘柄の材料
2. 株式投資で勝つための考え方

少し解説します。

・個別銘柄の材料

この材料とは、例えばどこかとどこかが合併するとか業務提携するとか、あるいは新技術の開発に成功したとか、新薬の開発に成功したといったような内容の情報です。

これらの情報は、ある意味早い者勝ちです。いち早く情報を仕入れて誰よりも早くその銘柄を買うことで利益を上げることが出来ます。

当然、当事者は一番にその情報を知ることになります。たから、インサイダー取引という規制があるわけです。

でも、規制があるとは言え、実際のところは・・・

どうなんでしょうね

・株式投資で勝つための考え方

もう一つの情報は、個別具体的な情報ではなく、株式投資の世界で生き残っていくための方法論や考え方についての情報です。例えば、損切りの方法や利益確定の方法、資金管理法などといった類いの情報です。

個別銘柄の情報も株式投資で勝つための考え方もどちらも大切な情報です。

しかし、個別銘柄の材料の情報をばかりを追い求めても、株式投資の世界で成功するのは難しいと思います。

なぜなら、そういった情報を知っても、その後株価が上がるかは分からないからです。

自分が知った時点では、すでに多くの人が知っている情報かもしれません。というか、私達が知れる情報なんて、ほとんどそういう二番煎じの情報だと思った方がいいです。そうなれば、株価にその情報が織り込まれている可能性があります。

有益な情報とは?

要するに、株価が上がるか下がるかを100%予測することなんて不可能なんです。

どんなにトレードが上手い人でも、上がりそう、下がりそうというレベルでトレードしてます。

そして、大切なのはそのあと。

予測が外れた場合どうするかなんです。

その知識や技能が身についていないと、株式投資では失敗します。

したがって、株式投資をやるには、まず勝つための方法論や考え方について色々調べた方がいいです。

個別銘柄の材料に関する情報は優先順位的にはそのあとです。

株で成功している著名人が推奨している銘柄を買っても結果がついてこないのも同じ理由です。

著名人だって毎回利益を出しているわけではありません。トータルで利益を出しているわけであって、損切りだって数多くしているはずです。

そういう方から学ぶべきは、推奨銘柄だけではなく、推奨銘柄を買った後の対処方法です。

いつ損切りしたのか、いつ利益確定したのか、そして、なぜそのタイミングでしたのか

そういった情報が有益だと思います。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。