セミリタイヤ

セミリタイアしたあとも雇用されるぐらいなら辞めない方がいい?

セミリタイアは、リタイアした後何かしらの仕事をしながら生活して行くことを言うと思いますが、何をするかを考えた時に少し悩んでしまいました。

セミリタイアしたあとも雇用されるぐらいなら辞めない方がいい?

ひとつの選択肢として、今よりラクそうで、簡単な仕事に転職するという方法があります。

わたしも、当初はそのように考えていました。

しかし、セミリタイア後そういった仕事に転職したことを想像してみたら、転職するぐらいなら辞めない方がいいのかもしれないと考えるようになりました。

転職した場合に想定されること

  • ラクで簡単かどうかはやってみないとわからない
  • 簡単とはいえ新たな仕事を覚えなければならない
  • 新しい人間関係を築かなければならない
  • 今より人間関係が悪化するかもしれない
  • 今より給料は激減する
  • 安い給与で労働することにモチベーションが保てるか

今の仕事は好きではないけど、慣れた仕事で、肉体的にはきつくなく、そこそこの給料がもらえています。

ただ、精神的ストレスややりがい、モチベーションの面で難が…。

とは言え、あえて上記のリスクをとって転職するのもどうなのかなと・・・

そもそも、セミリタイアしたあとも、雇用されなきゃ生活できないんであれば、セミリタイアするにはまだ早すぎるような気がします。

ただ、好きな仕事、やりたい仕事を求めて転職するなら話は別ですが。

私の場合は、資産運用の魅力を、若い人たちに広めて、若いうちから始めて欲しいという想いがあるので、そういった活動とかが出来ればいいなぁと漠然と考えたりしています。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。