おすすめ本

    普通のサラリーマンが金持ちになるには資産運用するしかないでしょ!

    みなさんは今の給与に満足していますか?
    もっともっとお金が欲しいと思いませんか?

    普通のサラリーマンが金持ちになるには資産運用するしかないでしょ!

    わたしはお金持ちになりたいです!ということで、株式投資をしているわけなんですが、そもそも資産を殖やそうとしたら以下の3つの最低でもひとつは満たさないとなりません。

     

    資産を増やすには

    ①収入を増やす(昇格、昇給、副業など)

    ②支出を減らす(家賃、食費、光熱費などの節約)

    ③運用する(株式投資やFXなど)

    さて、みなさんならどれに取り組みますか?
    まあどれかひとつを選ぶ必要はないわけなので、すべての項目を無理のない範囲で満たしていくのがベストだと思います。

    理想は、収入を増やし、浪費を減らし、そのお金を運用にまわすのがいいと思います。

    ただ、①や②はある程度限界があると思いませんか?
    給与が上がると言っても青天井に上がるわけではないですよね。
    節約に関しても、よほど浪費していない限り節約できる金額はたかが知れています。

    副業に関しては何をやるかによりますが、単純にダブルワークするのだと、やはり体はひとつ、1日24時間という制限の中では限度があります。

    ネットビジネスはうまくいけば、高収入も狙えるかもしれませんので副業の中では頑張ってみる価値はありそうです。ただ時間はかかりそうですね。

    ということで、普通のサラリーマンが資産を最大化するには、「運用」するしかなさそうです。

    運用はうまく行けば労働では得られないほどの額を稼げる可能性があります。他の手段では可能性すらないわけです。

    さらに、運用は自分ではなくお金に働いてもらうことになりますので、自分が大変な思いをしなくていいんですよ。

    しかも、自分が働いている間も、寝ている間も働いてくれるんですよ。すばらしいですね。

    でも、運用は損する可能性もあるでしょ?という声が聞こえてきそうですね

    確かに、損をする可能性はあります。
    ただ、運用にも様々な種類があります。

    その中で「インデックス投資」というものがあります。

    インデックス投資は、特定の企業の株を買うのではなくて、日本株全部、アメリカの株全部といったように、まとめて買ってしまう投資法です。
    そして、それを長期で積立投資していく。それだけです。

    【長期投資 参考書籍】

     

    短期では増えたり減ったりしますが、長期だとほぼ負けなしの投資法です。
    欠点としては、短期間に大きく稼ぐことはできない投資法ということです。

    時間がかかる投資法なので、インデックス投資は若い人向けと言われます。とはいっても20~30年投資できる時間がある方であれば40代、50代の方でも遅くはないです。

     

    個別株の運用に自信のない方はインデックス投資の方が無難かもしれませんが、短期間に大きく殖やしたい人、運用に自信がある人などは個別株投資にもチャレンジしてみましょう。

    損をするリスクも増えますが、インデックス投資では稼げないような額を手にする可能性もあります。
    個別株投資の場合は、それなりの知識や経験が必要になってきますので、少額から始めていきましょう。

    このブログ内でも私の今までの経験で得た知恵みたいなものを書いていますので参考にしていただければと思います。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。