投資のヒント

    株式投資の成績に情報量は関係ない。大事なのはタイミング

    株式投資において、その企業が何をやっているのか、将来性はあるのかそういった情報を調べて知ることは大切なことです。

    何の根拠もなしに株を買うことは、投資ではなく投機です。

    とは言え、どこまで情報を手に入れるかその考え方については人それぞれです。

    株式投資の成績に情報量は関係ない。大事なのはタイミング

    私の投資仲間に、保有している銘柄についてとことん調べ尽している人がいます。

    まだ、投資を始めて長くはないですが、私から見てもよくそこまで調べたなと思うほどよく調べていました。

    ただ、それで利益が出ていたかというと残念ながらそうではないんです。

    決して彼の調べたことが間違っているわけではありません。どれもこれも事実でした。

    では、なぜ彼は思うように利益を出すことができなかったのか?

    それは、その銘柄を買うタイミングが悪かったと言わざるをえません。

    なぜかと言うと、こんなことがよくあったからです。

    彼が調べぬいて買った株は、その後思うように上がらず、仕舞には待ちきれず売ってしまいます。しかし、数か月~数年後、その株は何倍にもなっている。

    彼がこんな経験をしているのを何度も見ていました。

    結局のところ、買うのが早すぎたわけです。

    株は美人投票と言われるように、プラス材料が多数の人に注目されると上昇します。
    そもそも、注目されるには、そのプラス材料が多くの人の目に触れなければなりません。

    私が思うに、彼の調べたことは正しいけど、深くまで調べすぎて、まだその事実に多数の投資家が気が付いていなかったのではないか。
    そして、あとになってその事実が広く知れ渡ると株価が上昇していたのではないか。

    そんな気がします。

    結局、利益が出るかはタイミング次第

    情報はその次

    そう思います。

    そして、そのタイミングを見計らうにはやっぱりチャートかなと思います。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。