Nao's コラム

    子どもの世代まで終身雇用、年功序列は残っているか?

    日本の伝統的な慣行であった、終身雇用、年功序列が崩れ始めています。

    子どもの世代まで終身雇用、年功序列は残っているか?

    今年はトヨタの社長や経団連の会長が終身雇用や年功序列の慣行を維持するのは難しい、制度疲労を起こしている等と語った事が話題になりました。

    また、今年の希望退職者募集を実施した企業数、及び募集人員が増加傾向にあることから、すでに終身雇用は変革の時期に突入しているといえそうです。

    今まで、希望退職者の募集というと、業績悪化を起因とする企業が多かったように思いますが、最近は業績が堅調な企業でも先を見越して実施する企業が増えてきています。

    今後、この傾向は続いていくことが予想されています。特に大企業で。

    企業は営利を目的とすることから、売上のアップとともに、コストの削減も考えなければなりません。そして、そのコストの代表格は人件費です。

    終身雇用、年功序列の下では、頭の回転や動きが鈍くなってきた高齢社員にも高い人件費を払わなければなりません。
    そこのコストを抑えることができれば、企業業績はかなり改善するでしょう。

    そして、終身雇用や年功序列が崩壊すると、無能な高齢社員は仕事を追われ、転職先も見つからないなんてことが起こるかもしれません。

    今までのように大企業に就職さえしてしまえば老後まで安泰という時代は近い将来終わりを迎えるでしょう。

    終身雇用、年功序列に頼らない生き方

    そのような時代になったとき、生き残っていくために必要なのは、あなただけにしかできない事を身につけることです。

    広く浅い知識より、狭くても深い知識。

    つまり特定の分野の専門知識や技術を身につけていることがあなたの武器になります。

    これからの時代、学校でオール5を取るより、特定の科目だけなら誰にも負けないような生徒の方が活躍の場があるような気がします。

    ゼネラリストより、スペシャリストってことです。

    そう考えると、自分の息子たちにも、好きな事、得意な事を伸ばしていってあげるような子育てがいいのかななんて考えています。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。