資産運用のススメ

    社会人になったら資産形成は必須

    年金2000万円問題が話題になり、しばらく経ちますが、皆さんやその周りではなにか変化はおきましたか?

    私の周りでは、ほとんど何も変わっていません。

    20代に関しては、そもそも2000万円問題を知っているのが全体の半数だそうです。
    まあ、わたしも20代の時に年金の話されても、関心を持たなかっただろうなと思います。

    しかし、20代の残りの半数のうち、4人に1人ぐらいは何かしらの行動を取ったそうです。20代全体でみると約10人に1人といった感じです。
    そういった若者は、30、40、50歳になった時に、あの時行動を起こしておいて良かったと思うことでしょう。

    社会人になったら資産形成は必須

    これからの時代、資産形成しないで老後を迎えて、その時お金がないと嘆いても誰も助けてくれないかもしれません。

    日本はすでに年金では生活できないうえに、年金の支給年齢まで引き上げる方向で議論が進んでいます。それに対して、まずは定年延長というのが国の対策です。

    しかし、国も死ぬまで働けと言っているだけではありません。イデコやNISAなど資産形成についての制度も同時に打ち立てています。

    これは、死ぬまで働きたくなければ、若いうちから資産形成をしておけよ!というメッセージであると私は受け取っています。

    本来、資産形成なんて誰かに言われたから始めるものではなく、各自が自ら始めるものです。それを、国が資産形成を勧めてるんですよ。
    今後も年金で十分生活できる見通しであれば、わざわざ資産形成を勧奨することなんてしないと思いませんか。
    それぐらい、状況は悪いということです。

    これだけ国が資産形成の制度を用意したのに、ひとつも制度を利用せず、老後になってお金がないと嘆いても、それは自業自得でしょ!といわれても仕方ない時代が来るかもしれません

    これからの時代、社会人になったら資産形成も始めなければならない時代がやってくると思います。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。