投資のヒント

株式投資で損を出した年は、確定申告をして翌年度へ損失繰越しよう

みなさん、株で損を出した年は、ちゃんと確定申告してますか?

株式投資で損を出した年は、確定申告をして翌年度へ損失繰越しよう

なにそれ?だって、「特定口座の源泉徴収あり」で株式投資していれば確定申告必要ないんじゃないの?っていう人は、もしかしたらこれまで払わなくてもいい税金を払ってきてしまったかもしれませんよ。

上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除

なんか漢字だらけで分かりづらいですが、国税庁のHPにはそうやって案内されています。
国税のHPにも、制度の概要と手続き方法について書かれているのですが、初めての人にとっては分かりにくいんですよね。
私も過去に3回ぐらい申告しました。損したのがばれちゃいますね(笑)

やっぱり一番最初の申告は分かりづらかったです。
でも、こういう手続きって、実際に1回やってしまえば、意外と簡単だったりするものです。

今回は初めての方でも分かるように損失の繰越控除について書きます。
国税のHPよりは分かりやすく説明できるように頑張ります(笑)

【前提条件】
説明の前に、これから書いていく内容は以下の条件を全て満たしている人を対象にしています。条件に当てはまらない方にとっては、取扱いが異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
条件を満たしているか不明な場合は、証券口座のマイページ等で確認できます。

・特定口座の源泉徴収ありを利用している
・特定口座内に配当等を受け入れている
・配当金受領方法で「株式数比例配分方式」を選択

制度概要

ではさっそく制度の概要を説明します。
この「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除」ですが、内容が2つに分かれます。
1つは「譲渡損失の損益通算」について、もう1つは「譲渡損失の繰越控除」についてです。

譲渡損失の損益通算

株式投資で得られる収入は2つあります。ひとつは、売買することで得られる売却益。もう1つは、株を保有することで得られる配当です。
そして、これらにかかる税金は、利益が発生する都度、特定口座内で源泉徴収されています。だから、確定申告が不要なんですね。

この「売買による損益」と「配当」についてですが、本来は別々に課税されることになっています。ただし、前提条件に書いた条件を満たした人は2つの損益を特定口座内で合算してその年の税金を計算しますよ、というのが損益通算です。

そして、年間を通して、売買で損した額より配当金の合計額の方が多ければ、通算すると所得がプラスになるので、確定申告は不要です。特定口座内で全部計算してくれて、配当で徴収されていた税金も還付されます。

ただ、逆の場合がありますよね?

配当金の合計額より、大きな売却損を出してしまった場合です。
この場合も、損益通算はしてくれます。この場合は、通算しても所得がマイナスのままなので、配当で徴収されていた税金は全部特定口座内に戻ってくることになります。

では、配当と通算しても引ききれなかったマイナス分はどうなるの?っていうのが次の損失の繰越控除という制度というわけです。

譲渡損失の繰越控除

ようやく今日の本題にたどり着きました。
では、損益通算しても引ききれなかったマイナス分についてですが、このマイナス分は翌年以後3年間繰越することが出来ます
これが、譲渡損失の繰越控除というものです。

その年に発生した損を翌年に繰り越して、翌年の売却益や配当と損益通算できるんです。
国税の図を例に説明します。(国税のHPでは図の説明がないので見ただけだと分かりづらいですね。)

では上の図の説明をします。

今年、譲渡損が110万、配当が10万でした。
最初に説明した損益通算をすると、配当の10万には課税なれない形になります。そして、引ききれなかった100万を繰越控除すると、このマイナス100万を翌年に繰越が出来ます。

そして翌年

めでたく利益が出て、譲渡益が40万、配当が5万でした。
もし、繰越控除をしていないと、当然、この45万の収入に課税されます。
しかし、繰越控除をしていれば、前年のマイナス100万と今年のプラス45万を損益通算できるのです

つまり、今年の利益45万は課税されずに済むということです。株の税率は約20%なので金額にして約9万ほど節税できます。大きいですよ。

さて、話を戻します。

ここで、マイナス100万を繰り越したのに45万しか損益通算できていないですよね?
残りのマイナス55万はどうなるかというと、また翌年に繰り越せるんです。

そして、翌年も損益通算をして、まだマイナスが残ればまた翌年に繰り越せます。
最大で、損を出した年の翌年3年間までは繰り越しが可能です。

国税の例では、次の年は譲渡益30万、配当5万の合計35万と損益通算しています。それでも、まだ20万のマイナスが残ったため、さらに翌年に繰越しています。

そして、最後の年、譲渡益10万、配当30万で合計40万の利益が出ています。
損失繰越額はマイナス20万のため、損益通算しきれなかった配当の20万については、通常通り課税されることになります。

以上が、国税の図の説明です。

この例だと、3年間かけてマイナス100万を損益通算できたわけです。
つまり、合計で100万にかかる税金が課税されなくて済んだということです。
株式投資の税金は約20%。金額にすると約20万節税できたわけです。

私は恥ずかしながら、2014年と2015年で合わせて2,500万ほどの損を出しました。ショックでしたよ~。もう株をやめようかなと思いました。
だから、損失繰越もするかどうか迷ったんです。
でも、一応しておくかってことで手続きだけはやっておいたんです。

そうしたら、2016年です。奇跡が起きて4,000万以上の利益が出たんです。
繰越していた2,500万の損失を上回る利益です。

その結果、その年の確定申告で2,500万分の損益通算できたので、実に500万近くの還付を受けることができました。

ほんとにこんな金額返してくれるのか心配でしたが、ちゃんと戻ってきましたよ。

手続きを怠らずにやっておいてほんとによかったと思います。

譲渡損失の繰越控除の手続き

この譲渡損失の繰越控除ですが、注意点があります。
・損を出した年に確定申告をする必要がある。
・翌年にも繰り越す場合は、その年も確定申告が必要
・利益が出た年も確定申告が必要

要するに、この制度の適用を受けている間は、毎年確定申告が必要ということです。

さて、制度の概要はお判りいただけたでしょうか?

ここまで長くなってしまったので、今日はこの辺りにしておきます。

具体的な手続き方法については、確定申告の時期までに改めて書かせていただきます。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。