投資のヒント

損小利大を実現する方法。それは、事前のシナリオが損小利大になっていること

このブログでも何度もその重要性を強調している「損小利大」。

今回はその「損小利大」について、考えてみます。

損小利大を実現する方法。それは、事前のシナリオが損小利大になっていること

損小利大を実現する方法。それは、事前のシナリオが損小利大になっていること

「損小利大」という言葉については、投資をしている人にとっては、知らない人はいないぐらい、どんな投資本にもその重要性について記載があります。

株式投資に限らず、FXでも先物でもあらゆる資産運用において共通するキーワードになります。

そんな「損小利大」ですが、漢字4文字、意味も「損は小さく、利益は大きく」ということで、小学生でも理解できる内容です。

それなのに、それができてない人が多い。それはなぜなのか?

みんな頭ではわかっているんです。損小利大をやりたいんです。やりたいのにできない。やっているつもりでも結果的に出来ていない。そんな人が圧倒的に多い。

よくある失敗ケース

・損小を意識するあまり、損切りばかりしてしまう。

・少し利益が出ると、損をしないうちにと早く利益確定したくなってしまう。

・利大を狙いすぎた結果、下げに転じても利益確定できず、結果的に損するまで持ち続けてしまう。

どうですか?こんな失敗をすることが多くないですか?

失敗の原因

では、これらの失敗に共通する原因は何だと思いますか?

それは、株を買ったときに、その後の値動きのシナリオを立てられていないことに原因があります。

事前に今後の値動きを予想せずに買うから、損切りや利益確定のタイミングがわからず失敗をするんです。

事前のシナリオが損小利大になっている株を買う

株を買う時は、事前に上がった場合どこまで上がりそうか、下がった場合どこまで下がりそうかのシナリオをあらかじめ自分の中で立てます。

そして、上がった場合はこれぐらいで利益確定、下がった場合はここで損切りという株価を買う前にある程度予想して決めます。

そこまで決められたら、その決めた株価が「損小利大」になっているか比較してみてください。

その時点で「損小利大」になっていなければ、実際に買っても「損小利大」にはならない可能性が高いです。

実際に買うのは、事前のシナリオも「損小利大」になっている銘柄を買えばいいのです。

シナリオの立て方

シナリオを立てる時、損切りや利益確定の株価を設定するのに、〇%上がったら利益確定、〇%下がったら損切りという基準で決める方法もありますが、私はこの決め方は好きではありません。

そもそも何千とある銘柄すべてに、この基準を一律的に適用できると思いますか?

チャートの形は銘柄の数だけあります。

ということは、チャートの形に応じて損切りと利益確定の基準は異なるはずです。

さらに、100人いれば100通りの基準があるはずです。

株式投資の世界では、正解は一つではありませんのでそれでいいと思います。

すると、次の結論を導くことができます。

「ある人にとって損小利大になりやすいチャートの形が存在する」

私にとっての損小利大になりやすいチャートの形

わたしの場合は、わたしの投資法を図解したときの形が損小利大になりやすいチャートの形となります。

次のような形でしたね。

これは、あくまでわたしが「損小利大」をしやすいチャートの形ということです。

人によってはこれとは違うチャートの形の時に損小利大がしやすいということも当然あるはずです。

大切なことは、自分が損小利大しやすいチャートの形を早く見つけるということです。

ぜひ参考にしてみてください。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。