投資のヒント

株式投資で損切りすることは、負けたことにはならないよ

投資したお金が減っていくのって嫌ですよね。

それで元本保証の商品を選ぶ方もいますが、当然利回りは低いものばかりです。
投資をやるからには、やっぱり大きく殖やしていきたいですよね。

株式投資で損切りすることは、負けたことにはならないよ

でも、大きく殖える可能性がある投資先は、逆に大きく損をしてしまう可能性もあることを忘れてはいけません。

残念ながら、世の中、楽して安全に金持ちになることはできない仕組みになっています。

それでは、そのようなお金が増えたり減ったりする仕組みの中で、最終的に利益を出すには、何が大切だと思いますか?

ずばり「損小利大」です。

意味は字のごとく、「損は小さく、利益は大きく」です。
そんなの知ってるよ~という方も多いと思います。

多くの投資本に書かれていますかららね。

言葉も知ってる、その意味も知っている

でも、できない。難しい。

それが、「損小利大」です。

損小利大が出来るようになるために

実行するのが難しい「損小利大」ですが、まずは「損小」が出来るようになりましょう。
というのも、資産運用をするにあたって、「大損」はご法度です。

なぜなのか具体例で説明します。

100万を投資して、1000円の株を1000株買いました。
その後、値下がりし500円まで下がったところで損切り。50%の損です。

残高は半分の50万になってしまいます。

次こそはと残った50万で500円の株を1000株買いました。
今度は50%の利益を出すことが出来ました。

さて、残高はいくらになったでしょうか?

50%損した後、50%利益がでたから100万に戻る!
と思いきやそうはなりません。

50万が50%増えたので、正解は75万です。

負けた時と同じ割合の利益を出せても、大損した後は、投資できる額が小さくなってしまうため、元の水準に戻すためには負けた以上の値幅をとる必要があるのです。

先ほどの例でいうと、50万を100万に戻すには株価が2倍にならないと、元には戻りません。
半分に減らすのは簡単ですが、2倍に増やすのは難しいですよ。
2倍に増やすまでの間に、また損をする可能性もあるわけですからね。

「損切り」が大事と言われるのはそのためなんです!

それでは、先ほどの例で、10%下がったところで損切りしていたら、どうなっていたでしょうか。
100万が90万になりますよね。
では、90万を100万にするのには、どれぐらいの値幅をとれれば元に戻りますか?
12%です。

負けた時より2%だけ取り戻せば、元に戻るんです。

「損切り」の大切さが分かってきたと思います。

「損切り=負け」ではない

損切りを「負け」と同義に考えている方もいると思いますが、違うと思うんです。

そもそも、株式投資で「勝つ」ってどういうことですか?
最終的に利益を出すことですよね。

じゃあ「負け」は?
最終的に損をすることです。

では、「損切り」は最終的に損を出すためにすることですか?

違いますよね?

最終的に利益を出すために「損切り」をするんです。

だから、上手く「損切り」出来た場合は、むしろ「勝ち」なんですよ

もちろん下手な損切りは「負け」ですよ。先ほどの例の前者のような。

「損切り」は損小利大において、必須のスキルです。
そして、勝つための損切りは、失敗でも負けでもありません。
それで出した損を恥じることもありません。

「損切りを制する者は株式投資を制する」です。

ともに頑張っていきましょう!


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。