投資のヒント

    損切りのルールを決めても守れないその訳は?

    みなさんは損切りするときにルールを決めていますか?

    決めている人はそのルールを守れていますか?

    損切りのルールを決めても守れないその訳は?

    よく何%下がったら損切り、上がったら利確するなんて話を聞きますが、私はそのようなルールは設定していません。

    過去に設定していた時もありましたが、損が続いたり、損切りした後に反転した経験を何回かしていると、今回も損切した途端上がり始めるかもといった考えが頭をよぎりルールを無視して損切できないなんてことがよくありました。

    当然成績はよくなかったです。

    損切りは、逆張り投資より順張り投資のほうがやりやすい?

    どういうことか説明します。

    「逆張り投資」下がった株をそろそろ上がるだろうと期待して買う投資法です。

    さて、上がると思って買った株がさらに下がった場合どのように考えますか?

    ・これから上がるんだからこのまま様子を見よう
    ・安くなったからさらに買い増ししよう

    っていうような都合のいい発想をして損切りできない方多いんじゃないでしょうか

    当然、これから上がる保証なんてないわけですから負ける時は大きな損失を出す危険性があります。
    よくある負けパターンですね。

     

    次に「順張り投資」の場合は、上がっている株をさらに上がるだろうと期待して買うのが投資法です。

    さて、上がっている株が下がり始めたらどのように考えますか?

    ・上昇が終わって下げに転じたのかな?
    ・天井だったのかな?

    そう考えると不安になってきて、このまま持っていたら損が拡大すると思い、割とスパッと損切りできるような気がしませんか。

    具体的な損切のタイミングについては、何%下がったらといった数値的なルールは決めておらずチャートの形が崩れたり、何か悪材料が出たり、思ったように上がっていかないなどの理由で損切りすることが多いです。

    いかがですか?

    逆張り投資で損切がうまくできていない方は、順張り投資を試してみてはいかがでしょうか。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。