相談事例

【相談事例】1億稼いだ投資法 ~銘柄探し編~

先日、このブログを開始して以来、初めてのご質問をいただきました。
ありがとうございます。

【相談事例】1億稼いだ投資法 ~銘柄探し編~

前に書いた1億稼いだ投資法をご覧になった方からの質問で、その内容はこんなものでした。

質問内容

紹介してもらったサイトでチャート見ているのですが、銘柄探しに時間がかかりすぎてしまいます。どうやって探しているのでしょうか・・・?

今回は当ブログ記念すべき最初の質問ということで、この質問に答えるべく、銘柄探しのコツ?ポイント?みたいなものを紹介したいと思います。

 

以前紹介したサイトはこちらでした。

STOCK-CHART.NET 株式チャート集
週足チャートと月足チャート

このサイトの月足チャートを見ていくことになります。

全ての銘柄を見る必要はない

東証1部、2部、マザーズ、ジャスダックのすべての銘柄のチャートを見ようとするとかなりの量になります。
特に東証1部は数が多すぎて、ページ数が46ページもあります。

一度に見るのは骨が折れますね。
なので、わたしも東証1部全銘柄のチャートを見ることは、よっぽど時間がない限りやりません。

通常は、1部以外の市場のチャートを見ています。特にマザーズとジャスダックは見るようにしています。

ただ、それだと東証1部の銘柄を全く見ないことになってしまいます。
そこで使いたいのが業種別のチャートです。このサイトは市場別の他に業種別にも見ることが出来るんですね。ありがたや~。

特に、情報通信分野などは成長性のある企業が多いので、その業種に絞って見れば、東証1部も含めその業種の全市場のチャートを見ることが出来きます。

 

チャートを見る時のポイント

注目するポイントはただ1つ。

「直近高値をブレイクしそうかどうか」

チャートを見る段階では、事業内容や業績等はあまり気にしません
まずは、チャートの形にだけ着目します。

そう、チャートの形です。

以前図解したこの図覚えていますか?(まだの方はこちら

この図の青い三角形

この三角形がチャート集の中にないか探すんです。

視界を三角形にすることはできないですが、そんなイメージで視線の中に三角形を作ってチャートを見ていきます

この作業には株の知識とか関係ないので、画面をスクロールしながらテンポよく見ていきましょう。
最初は慣れないかもしれませんが、慣れてくると通勤時間だけで見れちゃいます。

そして、該当するチャートが見つかったら、とりあえず証券コードをメモしておきましょう。

週足・日足の確認と四季報の確認

続いては、メモした銘柄のチャートの週足と日足も見ておきます。

週足、日足を見るポイントは、やはり月足と同じように上抜けそうかを見ます。
月足ではきれいな三角形でも、週足や日足では崩れかけている場合もありますので、必ず見ておきましょう。

そして、週足が崩れている場合は対象から外した方がいいかもしれません。
トレンド転換の可能性があります。
ただ、日足だけ崩れている場合は、押し目ということもありますので、買ってみるのもアリかなと最近思い始めています。

最後に、四季報の情報を見ていきます。
主に見るところは、四季報のコメント欄と財務状況です。

この際のポイントは、
・コメント欄で成長性を感じさせるような内容となっているか
・財務状況が売上、利益とも右肩上がりになっているか
を見ています。

コメントを見る時に、特に具体的な基準はありません。四季報を見てあなた自身が魅力を感じるかどうかでいいと思います。

と、以上の条件をすべてクリアした銘柄が購入対象候補の銘柄です。

これらの銘柄は、証券会社などのお気に入り銘柄などに登録しておいて、その日以降、監視対象としておきましょう。

この作業は月に1回しておけば十分です。なぜなら月足を基準にしているからです。
同じ月に見てもそんなに動きはありませんからね。
そのため、時間のない兼業投資家の方にも優しい投資法というわけです。

購入タイミング

ちなみに買うタイミングについては、あまり深く考えていません。
この投資法は月足ベースでブレイクを狙っているので、細かい値動きは度外視しています。
また、候補を絞る段階で一応日足チャートまで見ているので、とんでもないタイミングで買う事にはならないと思っています。

っていうか、そもそも細かい値動きを気にして上手く売買できる人なら、デイトレとかスイングトレードすればいいだけの話ですからね。

なので、私は、朝の電車で候補を見つけたらその日の寄付きで買ったり、帰りの電車で見つけたら翌日の寄付きで買ったりすることもよくあります。

いかがでしたか?

具体的な作業がイメージできたでしょうか?

もしブログを読んでて分かりにくい所などがあればお問い合わせください。
今回のように記事化を検討させていただきます。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。