投資のヒント

    株式投資で成功するための思考方法をシンプルに考えてみました。

    株式投資で利益が出ないと、今までに増して勉強熱心になる方も多いのではないでしょうか。

    そして、次から次へと知識を詰め込んでいった結果、「株式投資」を逆に難しくしてしまっている人がいるように思います。

    株式投資で成功するための思考方法をシンプルに考えてみました。

    勉強熱心なのはとてもいいことなのですが、自分の中で消化しきれないほどの知識を入れても、残念ながらそれは成果に結びつきにくいです。

    物事が複雑で難しく感じるようになったら、シンプルに考えることが有効です。

    それは、株式投資でも同じ。

    株式投資をシンプルに

    株式投資は、すばり・・・

    「自分が上がると思う銘柄を買えばいい」

    それでいいんです。

    だって、株を買う前にあれこれ考えても、絶対に上がる銘柄なんてあるわけないんです。
    色んな事を勉強して、こういう時は上がりやすいというのが分かっても、上がりやすいだけで100%はあり得ないですから。
    どんなに勉強して知識があっても、上がると思って買った銘柄が下がることはよくあります。

    それに、人から勧められた銘柄だって、最終的にその銘柄を買うかどうかは、自分自身が上がると思わなきゃ買わないですよね?

    株なんて買ってみなきゃ上がるか下がるかわからないし、上がるか下がるかは50:50なんですから、まずは、自分が上がりそうだと思ったら買ってみればいいんです。

    買った後に必要な事は

    肝心なのは買った後の行動です。

    株式投資では「損小利大」が大事です。
    でも、「損小利大って言うけど、どうやるんだよ?」っていう人が多いと思います。

    やり方は人それぞれ色んなやり方があると思いますが、ひとつの方法を示します。

    今このタイミングで改めて買いたいと思えるか

    株を買う時は上がると思って買いますよね?
    その後、株価は変動して上に行ったり下に行ったりします。

    その時に、今このタイミングでもその銘柄を買いたいと思えるか?
    それを自分自身に問います。

    そして、買いたいと思えるなら継続保有、または買い増しします。
    逆に、買いたくないと思えば、利益確定または損切りすればいいのです。

    この時、これから上がるはずみたいな願望はダメですよ。
    そんな願望は相場には通じませんから。

    株式投資の世界では、いつ買うか、いつ売るかは全部自分で決めていかなければなりません。
    その時に、上がりそうなのか、下がりそうなのかを、自分自身がどう感じるかが勝敗を左右します。

    その感覚を研ぎ澄ましていくことが株で利益を上げる秘訣です

    その為には、実際に相場でトレードを繰り返し経験を積んでいくしかないんですね。

    株式投資でやることはシンプル。
    自分が上がると思うか下がると思うか。
    買う時も売る時もそのことを考える。
    ただそれだけ。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。