投資のヒント

    信用取引は利用した方がいいのか、しない方がいいのか

    株式投資には現物取引の他に信用取引があります。

    信用取引は元手の3倍近くまで取引が出来るという特徴があり、その利用については賛成派と反対派に分かれているところです。

    信用取引は利用した方がいいのか、しない方がいいのか

    両者の主張

    両者の主張を聞いてみると、まず、賛成派の主張は

    • 少ない元手でも大きな利益を出すことができる
    • 空売りを利用することで下落局面でも利益を狙える

    これらの理由で、利用した方がいいと主張している人が多いです。

    一方、反対派の意見としては、

    • 想定より損失が大きくなることがある
    • 保有期限があったり、保有中に金利などのコストが発生したりする
    • 空売りで失敗した場合、損失は無限大

    といった理由で利用者していないようです。

    結局、どちらの主張が正しいのか?

    これに正解はなく、どちらの主張も正しいです。

    現に、信用取引を利用して成功している人もいれば、現物取引だけで成功している人もいます。

    ただ、失敗している人、相場から退場させられている人の多くは信用取引を利用している人です。

    それは、やはりレバレッジを利かした取引であることから、損切りの判断を間違えた場合の、1回のダメージが大きくなるからです。

    信用取引を利用するための条件

    私の場合、割と早い段階から信用取引を利用して株式投資をやってきました。
    ここ数年で急激に資産を増やせたのは信用取引を利用していたからこそだと思っています。

    だからといって、賛成派かというと、素直に「そうです」とも言えない自分がいます。
    それは、成功ばかりではなく、何度も失敗し痛い目に逢ってきたから。

    そういう、失敗がなければ、現物だけでも今の資産は作れていたかもしれません。

    個人的には以下の条件を満たしているような人であれば、信用取引の利用もありだと思ってます。

    • 運用額が小さい(大小の感覚は人それぞれ)
    • 余裕資金で運用している
    • 資金管理や損切りがしっかりできる
    • 損失覚悟の上で、とにかく短期間で稼ぎたい
    • スキャルやデイトレで投資している

    信用取引は少ない元手でも、短期間に大きな利益を出せるメリットがある一方、無謀な使い方をすると、失敗したときに一発退場の危険があるというデメリットもあります。

    そのデメリットを認識しながら、許容範囲で利用することが肝心です。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。