投資のヒント

    株式投資で利益を出すのに、成功者に学ぶことは大切。でも、それだけでは・・・

    みなさんの投資歴はどれぐらいでしょうか。
    わたしは大学生時代に株式投資デビューしましたので、かれこれ20年になります。

    途中退場させられたこともありますが(笑)、なんとか続けることが出来ています。
    振り返れば、色んな経験をしてきましたね。
    「人生終わった~」というような思いもしたことがあります。

    印象に残っている経験は、損した時の記憶が多いですが、そういった失敗の積み重ねで今があると思っています。

    株式投資で利益を出すのに、成功者に学ぶことは大切。でも、それだけでは・・・

    株式投資の本を読むと、だいたいの本には「損小利大」「損切り」の重要性について書かれています。
    株式投資をやっている方であれば、一度は聞いたことがあるはずです。
    しかも、言葉の意味も難しくないので、頭ではすぐ理解できてしまいます。

    損小利大は、損は小さく抑えて、利益は出来るだけ大きく
    「うんうん、まあそうでないと利益は出ないわな」
    その為には早めの損切りが必要
    「なるほどね」

    こんな感じで、知識としては身についている人は多いと思います。
    では、実践できていますか?

    「・・・。」

    ですよね。
    出来ている人は利益が出ているはずですから、ほとんどの方は出来ていないんですよ。

    でもこれって当然のことなんですよね。
    世の中、知識があってもできない事なんて山ほどあります。
    むしろ、そっちの方が一般的です。

    「速い球を投げる」ことに例えてみる

    わたしは野球をやってきたので、株で利益を出すことを「速い球を投げる」に例えて見ますね。

    速い球を投げたいと思った時に、書籍などで理論を学んだり、大谷選手から投げ方を教えてもらったりするだけでは、速い球を投げられるようにはなりません。
    当然、練習が必要です。
    下半身を鍛えるために走り込みをしたり、筋トレをしたり、投げ込みをしたりと、日々の練習の積み重ねで少しずつ速い球が投げられるようになります。

    だからと言って、がむしゃらに練習していればいいかというとそういうわけでもありません。
    もし、間違った練習をしていれば、いつまでたっても望むような速い球は投げられません。

    速い球を投げるには、正しい練習法を頭に入れたうえで、実際に体を動かして練習を繰り返すことが必要になります。

    そして、実際に体を動かしてみると、思ったように体が動かない事に気が付きます。
    すると、自分であれこれ試行錯誤するようになります。
    これが大事です。

    人間、それぞれ骨格や筋肉の付き方が違います。
    したがって、大谷選手から、「こう投げるんだ」と言われても、わたしは体が固くて同じ投げ方が出来ないかもしれません(笑)
    でも、まったく同じようにできなくても、大谷選手の投げ方のどこかに「速い球を投げるヒント」はあるはずです。

    そのヒントを得て、試行錯誤しながら自分だけの投げ方を身につけていくのです。

    株式投資も基本的には同じ

    株式投資も例外ではありません。
    株式投資で利益を出そうと思ったら、その世界で成功している人のやり方を真似するのが効率的です。

    そして、まずは、そのやり方を完全に真似するつもりで実際にトレードしてみます。
    すると、どこかでやりにくさを感じる部分が出てくることがあります。

    その部分が、利益を出すための根幹である場合は、もしかしたらその投資法自体があなたに合っていないかもしれません。その場合は、他の投資法にチャレンジしてみましょう。

    そうではなく、やりにくい部分が投資法の根幹ではなく、多少のアレンジが許されるような部分であれば、自分なりにアレンジしてもいいんです。

    私の場合、ある本を参考にトレードをするようになって利益が出るようになりましたが、書いてある内容すべてを実践しているわけではありません。

    その本は「新高値ブレイク」を推奨しているので、新高値をブレイクしそうな銘柄選びの部分が根幹となります。したがってその部分は大いに参考にしています。

    ただ、利益確定のタイミングなどは、書いてある通りに実践するのに抵抗があったので、自分流でやっています。

    他人の投資法は完全に真似できない

    成功者の投資法を真似したら、誰でも利益が出るなんてことがあれば、世の中全員金持ちです。
    でも、現実はそうはなっていませんよね?

    考えられる原因は、

    • その投資法が現在は通用しなくなってしまった(これは論外)
    • そもそも真似できていない

    つまり、真似しているようでも完全には真似できていないんですよ。

    真似できないのは、どこかやりにくさを感じているからに他なりません。
    むしろ、完璧に真似できる投資法に出会うことの方が難しいと思います。

    そして、やりにくい箇所がその投資法の根幹にあたる部分で、そこを自分流のやり方でトレードしてしまっては、結果は出てこないですね。

    結局は、マイルールを見つけなければならない

    株式投資で成功している人たちは、マイルールを見つけられた人たちです。

    その為に成功者の投資法を知ることは大変意味のあることです。
    ただ、最終的にはその投資法を参考に、自分だけのマイルールを確立しなければなりません。

    そしてマイルールを見つける過程で、残念ながら損は避けられません。
    なぜなら、失敗や成功の蓄積の結果、マイルールが生まれてくるからです。

    私自身も大損を何回も経験したからこそ今があります。
    損はマイルールづくりに必要な費用だと考えましょう。

    損切りの考え方については、以下の記事が参考になります。

     

    私は高い費用を払ってきましたが、みなさんには、そうなって欲しくないので、色々な「投資のヒント」をこのブログで紹介しています。

    ぜひ参考にしていただいて、使えそうなヒントはどんどん試してみてください。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。