投資のヒント

経済ニュースにはめられた!?もうニュースは信じない

みなさんはネットの経済ニュースなどで、保有銘柄のニュースなどを見ていますか?

わたしもニュースや掲示板は、たまにチェックしています。

しかし、過信は禁物です。

わたしは過去にニュースを過信しすぎたために痛い目に会いました。

今回はその時の話をしたいと思います。

経済ニュースにはめられた!?もうニュースは信じない

6年ぐらい前の話になります。
当時、一番値上がりを期待していた銘柄があって、たしか信用買いで3,000万ぐらい買っていました。半導体関連の銘柄でした。

その銘柄は、近く決算発表を控えていたんです。
発表前に手仕舞うか、そのまま持ち越すか悩みましたが、直近の業績も好調そうだったので持ち越すことにしたんです。

そして決算発表を迎えます。ドキドキ・・・

結果は、20%ぐらいの増収で、誰が見ても好決算と言える内容でした。
その日の引け後のニュースを見ると好決算銘柄として紹介されていました。

「よっしゃ!明日は大きく上がるぞ~」とルンルン気分で翌日を迎えます。

しかし、予想に反して株価は下がって始まったのです。
前場は、その後も上がることなく前日比マイナスのまま引けました。

そして、お昼にその銘柄のニュースを見ると、「材料出尽くしで売られる」というコメント。

はぁ~?なんだよそれ。

すると、そのニュースのせいなのか、後場は前場より下がって始まります。

その時、わたしは次のように考えました。

「仕方ない。材料出尽くしなら、明日も下がるかもしれないな。
一旦売って様子をみるか」

そして、その日の大引けですべて売りました。

そして翌日・・・

なんと!前日のマイナス幅を大きく上回って上昇!

「材料出尽くしじゃなかったんかい!!」と思わず突っ込みましたよ。

さらにですよ、その翌日以降も上昇を続けます。
買い直すにも、そのタイミングを逸し、ただ見てるだけ・・・。

そして、もともと3,000円位の株価だったのが、最終的には5,000円ぐらいまで、じわじわとほぼ一直線で上がったのです。

この件で得た教訓

正直、あの時、「材料出尽くし」のコメントを見ていなければ売ってなかったです。

結局、ニュースなんて株価の動きに合わせて後付けでコメントしているだけなんですよ。

その時は知りませんでしたが、好決算の発表後に株価が下がったから、「材料出尽くし」っていう言葉が機械的に使われているような気がしますね。その後も同じような現象を何回も目にしましたから。

それ以降、ニュースを見る時は、「事実」だけを見るようにしています。決算内容の数字や上方修正や下方修正、不祥事など、そういった内容です。

それ以外の、材料出尽くしで下落や悪材料出尽くしで上昇といったような記事作成者の解釈や予想などは、参考程度にとどめています。

自分の判断を信じよう

初めのうちは、自分の判断が正しいかどうか自信がなく、他の人の判断を参考にしてトレードしがちです。しかし、あなたが目にするようなそういった情報は、その他多数の人も同じように見て参考にしているわけです。

株式投資の世界は、ひと握りの人が勝てる世界。要するに、多数派では勝てない世界なんです。

先ほどの「材料出尽くし」のニュースを例にすると、おそらくそのニュースを見た多数の人が私と同じように売りに走ったと思います。しかし、その裏では、そういった売りを買い向かっていた人たちがいるわけです。株で勝つには後者にならなければいけません。

だから、自分の判断を捻じ曲げて多数派に合わせる必要なんてないんですよ。

自分の判断を信じてトレードしていきましょう!

 


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。