資産運用のススメ

年金制度崩壊!?金融庁が「年金だけでは生活ムリ」。示された対策とは?

わたしたちが年金受給世代になるころには、年金なんて当てにできないんだろうなとはうすうす感じていましたが、それでも心のどこかで、そうなったら国が何か対策をしてくれるだろうという、かすかな期待みたいなものを抱いていました。

しかし、2019年5月22日の金融庁の金融審議会でその期待はあっさり裏切られる形となりました。

年金制度崩壊!?金融庁が「年金だけでは生活ムリ」。示された対策とは?

2019年5月22日の金融庁の金融審議会当日に使われた資料高齢社会における資産形成・管理 報告書(案)において、衝撃の内容が書かれています。資料はネットで公開されていますので上のリンクから見ることができます。

当資料の24ページに「(3)公的年金だけでは望む生活水準に届かないリスク」と題し、次のように述べられています。

(3)公的年金だけでは望む生活水準に届かないリスク

 人口の高齢化という波とともに、少子化という波は中長期的に避けて通れない。前述のとおり、近年単身世帯の増加は著しいものがあり、未婚率も上昇している。公的年金制度が多くの人にとって老後の収入の柱であり続けることは間違いないが、少子高齢化により働く世代が中長期的に縮小していく以上、年金の給付水準が今までと同等のものであると期待することは難しい。
今後は、公的年金だけでは満足な生活水準に届かない可能性がある。年金受給額を含めて自分自身の状況を「見える化」して老後の収入が足りないと思われるのであれば、各々の状況に応じて、就労継続の模索、自らの支出の再点検・削減、そして保有する資産を活用した資産形成・運用といった「自助」の充実を行っていく必要があるといえる

要するに、年金だけでは満足な生活ができなくなるから、収入が足りない人は老後も働き続けたり、生活費を削ったり、あるいは資産運用をして、自分で考えて自分で何とかしてねということです。

もう国じゃ面倒見きれないってことですね。

そして、資料の25ページ以降はそれらの事態に対して考えられる対応が書かれています。

目次だけ抜粋してご案内します。

3 . 考えられる対応

( 1 ) 個々人にとっての資産の形成・管理での心構え
( 2 ) 金融サービスのあり方
( 3 ) 環境整備
ア. 資産形成・資産承継制度の充実
イ. 金融リテラシーの向上
ウ. アドバイザーの充実
エ. 高齢顧客保護のあり方

色々と書かれていますが、よ~く見てみると、結局は資産運用で資産形成をしておきましょうという内容です。

この目次を見て分かるように、もはや年金制度をどうにか改革しようという姿勢はこれっぽっちもありません

あるのは、金融リテラシーの向上や、資産運用がしやすい環境整備、資産運用アドバイザー充実といった国民が資産運用をするための環境づくりに力を入れていくという姿勢だけです。

冗談抜きでマジで資産運用始めないと老後やばいぞ

みなさんは定年後も働き続けたいですか?今の生活水準が下がってもいいと思いますか?そんな人いないですよね。

であれば、資産運用などで資産形成をするしか方法はないということを今回金融庁が助言してくれたわけです。

もう国は直接的に助けてくれません。今後は資産運用の環境整備という形で間接的に助けてくれるだけです。

将来は年金減るんだろうな~と予想はしつつも、それでも国が何か対策してくれるだろう淡い期待も持っていましたが、もうそんな期待はしても無駄ということです。

今のうちから資産形成しておかないと、死ぬまで働くか、貧しい生活をする以外に方法がなくなってしまいます。

では、どれぐらいの金額を作ればいいのか。資料の中では夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯を例に、毎月5万が不足するとしています。そして、残りの人生が20年~30年とすると約1,300万~2,000万円が不足すると試算しています。

こんな大金を定年してから作ろうと思ってもなかなか作れるものじゃありません。仮に資産運用をしたって、短期間でこれだけの利益を上げることは難しいです。

よく退職金をもらって、資産運用デビューする人がいますが、それまで何もしていなかった人が急に資産運用を始めて、大金を稼げるほど資産運用は甘くないです。逆に、資産運用の知識などがないと金融機関の言われるがまま、手数料の高い投資信託などを買って、お金を増やすどころか、減らしてしまうリスクさえあります。

しかし、月5万であれば、2,000万円を年利3%で運用できれば達成できる額です。今すぐに2,000万円を用意するのは難しいかもしれませんが、現役時代から、コツコツ積み立てや投資などの資産運用を始めれば、達成可能な金額だと思います。

資産運用が初めてというかたは、最近ではロボットが自動で運用してくれるサービスもあります。また、イデコやNISAなどをまだ利用していないという方は、まずはイデコかNISA、できれば両方を活用することをおすすめします。税金面でメリットがありますからね。

【イデコ】【NISA】ならネット証券口座開設数No.1のSBI証券がおすすめ
SBI証券 iDeCo

【ロボアド】ならこの2社がおすすめ
ウェルスナビ
ロボアドバイザー THEO

 

資産運用では、まさに「時は金なり」

資産運用において、「時間」は強力な武器になります。先ほどの資料の21ページでも長期・積立・分散投資の有効性について触れられているページがあります。

【長期・積立・分散投資の有効性】
長期・積立・分散投資による効果は、積立が長期であればあるほど、投資先を分散すればするほど、収益がバラつきにくくなる特徴がある。
1985 年以降の各年に、毎月同額ずつ国内外の株式・債券に積立・分散投資したと仮定し、各年の買い付け後、保有期間が経過した時点での時価をもとにして運用結果を算出すると、保有期間が5年ではマイナスリターンも発生するが、保有期間が20 年になるとプラスリターンに収斂し、さらにそのバラつきも小さくなる。

20年間保有すれば、マイナスになることはないというわけです。まさに「時は金なり」ですね。

また長期間資産運用するメリットとして、自分自身に資産運用の知識や経験などが蓄積されることによって、運用の技術が上達しますので、高いリターンを得られる可能性も高くなっていきます。

進んでしまった時間は戻せません。
自分が65歳、70歳になったときに、若いうちから資産運用しておけばよかったと後悔してももう遅いです。

今はまとまったお金が無くても、少額からでもいいので、出来る限りはやく資産運用を始めることが、自分自身を助けることになります。

資産運用にチャレンジしてみましょう!

THEO(テオ) ロボアドバイザー

あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。