Nao's コラム

【若者必見!】収入源が給与だけというリスク。不労所得を手に入れよう

みなさんの収入源は給与以外にありますか?

【若者必見!】収入源が給与だけというリスク。不労所得を手に入れよう

私は2年前にマイホームを購入して35年ローンを組みました。

私と同じように、30代ぐらいの方が住宅ローンを組む場合、多くの方は35年ローンを組むことになると思います。

35年ですよ!

繰り上げ返済しなかった場合、70歳を超えてしまいます・・・。
長いですね。
そりゃそうです。今までの人生とほぼ同じ期間ですからね。

実際、住宅ローンを組む時、この先「ちゃんと返していけるのか?」と急に不安になりました。

35年間、大きな病気や怪我なく働き続けることが出来るのか?
3大疾病に罹れば、ローン残高が免除される契約ですが、それ以外の病気になって、収入が減ったり途絶えたりしたらどうする?

住宅ローンを契約するまではそんなこと考えたりしなかったのですが、金額が金額なだけにさすがに考えておかないとまずいなと感じました。
そんなことで、住宅ローンを組む際に「保険の窓口」に行って相談してみた時の話です。

行ってみると、家族構成や現在の収入、支出、将来的にかかる学費などの将来のライフプランを専用ソフトを使ってシュミレーションしてくれます。
そして、個々人に応じた保険商品を勧めてくれるといった流れになります。

そこで、先ほどの相談をしてみると、給与の支払いが途絶えてしまった時に、保険がおりる商品があること教えてくれました。

ただ、保険料が他の保険商品より高い・・・。

住宅ローンの返済を抱えながら、高額な保険料を払う余裕なんてありません。

とりあえず、持ち帰り検討しますと言って窓口をあとにしました・・・。

若くて元気なうちに、複数の収入源を作っておく

今回、強く感じたのは、収入が給与だけってすごい不安定な経済基盤だなってことです。
給与って、労働の対価なので、働き続けないともらえないんです。
そうなったら困るので、みんな生命保険やらガン保険やらに入るわけです。

そんな働けなくなった時に毎月数万円でも収入があったらどう思います?
めちゃめちゃ救われると思いませんか?

ってことで、サラリーマン以外の副業をこのブログでも勧めているわけですが、労働系の副業では意味がないですよ。(参考:おすすめできない副業の種類

働けなくなったら、副業だってできなくなるわけですから。

目指すは「不労所得」です。
働かずして所得を得るのです。

そんな簡単に言うけど、どうすりゃいいの?って話ですよね。

あたりまえですが、不労所得を得るのは簡単ではありません。
得るまでには時間も労力も必要です。
でも、働けなくなってから、不労所得を得ようと思ってもほぼ不可能です。

だからこそ、若くて元気なうちに始めるんです。

20~40代のうちから始めれば、健康リスクが出てくる5、60代までには、まだ20~40年という時間があります。
それだけの時間があれば、不労所得が得られる仕組みを作っておくことは可能です。

そして、サラリーマンが働きながら、不労所得の仕組みづくりをする場合、税金面や労力などを考えるとやっぱり株式投資が最適だと思います。

株式投資で資産を殖やし、そこから配当金を得るのです。

そして、株式投資をやりつつ、それをネタとしたブログを始めることもおすすめします。収入を得られる可能性があると同時に、投資日記として、自らの投資スキルの向上にも貢献してくれます。(参考:株式投資ブログを始めてここが良かった!

実際、ブログで収入を得るには、株式投資よりは時間がかかるかもしれません。得られる収入も株式投資よりは少ないかもしれません。
でも、時間をかけて育てていくことで、ブログだって不労所得を生んでくれる資産となる可能性があります。

ひとつひとつの収入が少なくても、複数の収入源を合わせれば、大きな収入源になります。

さあ、今日から行動しましょう!


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。