Nao's コラム

厚生年金70歳以上義務化!?自分の老後は自分で守る時代に

4月16日の日経新聞によると、厚生年金の保険料を納付する義務年齢について現行の70歳未満から70歳以上に引き上げる検討入ったとのこと。

厚生年金70歳以上義務化!?自分の老後は自分で守る時代に

おそらく75歳にする方向で議論されるんでしょう。

年金制度って、そもそも現役世代が高齢者世代を支える「世代と世代の支え合い」を基本としている仕組みのはずです。

(日本年金機構のパンフレット参照)

それが、70歳以上まで保険料を納めるって・・・。
もはや、支え合いではないですね。

自分の年金は自分で納めなければいけない時代になってきたということです。

厚生年金は、国民年金と違って、働く方が加入する年金制度です。
今回の日経の記事の中では高齢者の4割が「働けるうちはいつまでも」と回答しているようですが、おそらくその大半の高齢者は、生活の為に働かざるを得ない人たちなんだと思います。
そういった生活の苦しい方たちから、さらに保険料を徴収しようとしているわけですから、手取り収入が減り、ますます働かなければいけなくなります。

厳しい世の中になってきました。
老後の生活を年金に頼ろうとしていては、いつまでたっても労働からは抜け出せないということです。

みなさん70歳過ぎてまで、誰かの下で働きたいですか?

わたしは絶対に嫌ですね。今すぐにでも辞めたいぐらいです。
働くにしても、雇われるのではなく、フリーランスのように自由に働きたいです。

その為には、やっぱり経済的な基盤がないと、そういう自由な生活はできません。

さらに、フリーでやっていけるだけのスキルを若いうちに身につけておかないとですね。

これからの資産運用の位置づけ

これからは自分の老後は自分で守っていくしかなさそうです。
つみたてNISAやイデコだって、その為に考えられた制度だと思います。

国も直接的には言わないですけど、国の年金制度だけでは厳しいから、各自で老後に備えてね!その為にこんな制度作ったよ!というのがホンネなんだと思います。

資産運用は、今はまだお金持ちがお金儲けの為にやるというイメージが強いです。

しかし、これからは、老後を安心して生活して行くためには、若いうちから資産運用しておくのがスタンダードという時代になっていくかも知れませんね。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。