投資のヒント

    こんな損切りしてると、いつまでたっても勝てないぞ!

    損切りって辛いですよね?

    わたしも数々の損切を経験してきました。

    こんな損切りしてると、いつまでたっても勝てないぞ!

    よく、お金を殖やしたいけど、損はしたくないなぁなんて人がいますよね。
    残念ながら、そんな投資先ないんですよ。あればみんなお金持ちになってます。
    ノーリスクでお金が増えると謳っているのは詐欺と疑った方がいいですね。

    当然、株式投資も、損を避けてお金持ちになることはできません。
    だから、「損切り」が大事だってどの本にも書いてあるんです。

    ただ、損切りが大事大事と言われるけど、いつ損切ればいいのかわからない方が圧倒的に多いのが現実です。
    それゆえ、株式投資で勝てている人が少ないんだと思います。

    こんな損切りはダメ

    初心者でいきなり何千万も投資する人はいないと思います。
    ほとんどの方は、数十万とか、多くても数百万程度かと思います。

    投資額が小さいうちって、損失額もそんなに大きくならないんですよね。
    数千円、数万円ぐらいだと思います。
    すると、これぐらいならまだ損切りしなくていいかって保有し続けちゃうんですよ

    そして、数十万ぐらいになってくると、さすがにやばいと思って損切りみたいなパターンが多いと思います。

    まっ、私の経験談ですが(笑)

    一方、投資額が大きくなってくると、株価が数%下がっただけでも、数十万、数百万の含み損なんて当たり前のように発生します。
    その時に、その額の大きさにビビッて、損切りしていては、頻繁に損切りすることになって損切り貧乏になってしまいます。

    例えば10万投資して5万の含み損が出ているとき、「5万ならまだ大丈夫」っていう感覚は危ないです。

    投資額に対して半分になっているわけですから、もっと前に損切りしないとですね。
    10万だから半分になっても5万ですけど、1億投資していたら5000万の損ですよ。

    逆に、1億投資していると、少し動いただけで簡単に数万、数十万は動きます。

    その時に特別理由もないのに、数十万損が出ているからというだけで損切りしてると、損切りばかりすることになって一向に利益が出てきません。

    つまり

    損切りは、○○円損が出たからという基準で行うのではないということです。

    損切りの基準は「金額」ではなく、「割合(%)」や「チャート形状」などで判断しましょう。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。