投資のヒント

    保有株は、決算発表前に売るべき?持ち越すべき?

    ゴールデンウイーク明けは各社決算発表が続いています。

    そして、決算発表前に手仕舞いした方がいいのか、それとも持ち越しした方がよいのかという質問がよくありますね。

    保有株は、決算発表前に売るべき?持ち越すべき?

    物事は選択肢が複数ある時は、それぞれメリット、デメリットがあります。

    今回の話も例外ではなく、それぞれにメリット、デメリットがあります。

    発表前に手仕舞いする場合、悪決算だった時の株価下落リスクをなくす事ができるというメリットがある一方で、好決算だった場合は、株価上昇の機会損失をすることになるというデメリットがあります。

    持ち越しする場合は、メリットとデメリットが逆になりますね。

    最終決断者はあなた

    どちらが正解ということはないです。

    最終的にはあなた自身が決めなければなりません。

    株式投資を始めたうちは、分からないことも多く、ついつい他の人の判断を参考にしがちですよね。

    でも、投資の判断って、その人の資産状況、取れるリスク、保有目的、などなどその背景にある状況によって千差万別です。

    時には、ある人にとっては取るべき行動が、他の人には避けるべき行動なんて事もあるわけです。

    それなのに、あの人がそうするなら、自分も同じようにしておこうと行動してしまう人が多いような気がしてます。

    すると、何が起こるか?

    その判断が間違っていたときに、「あの人」のことを責めます。言っている事と違うじゃないかって。で、自分は反省しません。反省するとしたら、あの人の言うことはもう聞かないようにしようという反省ぐらいです。

    こんな事を繰り返していても、自分自身はちっとも成長しないですよね。

    自分の資産状況、取れるリスク、なぜその株を保有しているのか、短期狙いなのか、長期なのか、そういった状況は自分自身にしかわかりません。

    自分と全く同じ状況の人はいないです。

    だから、自分自身で判断していくことが必要なんです。

    株式投資は自分の置かれている状況を把握して、どういう行動をとるのがベストなのか。それを自分の頭で考えることで上達していきます。

    他人に頼らない投資が出来るよう目指して行きましょう!


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。