投資のヒント

なぜ、あたなが買うと株価は下がり、売ると上がるのだろう?

株式投資をやったことがある方であれば、タイトルのような疑問を一度は感じたことがあると思います。

今回はそんな疑問に答えるとともに、解決法までお伝えしちゃいます。

なぜ、あたなが買うと株価は下がり、売ると上がるのだろう?

わたしも、これでもかっ!っていうほど経験してきてます。

株式投資を始めたころは、あまりに回数が多いもんだから、やけになって、下がると思った銘柄をあえて買ってみた事もあります。

でも、そんな逆の行動をした時に限って、そのまま下がって行ったりするんですよね(笑)

やることなすこと全てが上手く行かないので、こんな被害妄想まで抱くこともありました。
「わたしのトレードが誰かに監視されていて、嫌がらせされている?」
こうなると、もう軽いメンタル状態ですね(笑)

ほんとうにあなただけなのか?

このような現象は、本当にあなただけに起きていることなのでしょうか?

答えはNOです。

株式投資で利益をあげられているのは、ほんの一握りの人と言われています。
ということは、大半の人は損をしているわけです。
損をするということは、買えば下がり、売れば上がるという結果になっているということに他なりません。

つまり、株式投資をやっている多くの人がタイトルのような悩みを抱えているわけです。

なので、「なぜ、わたしだけ?」と考える必要はありませんよ。

って、これではただの傷の舐め合いで、何の解決にもなっていませんね。

ちゃんと解決法を提案していきますよ。

あなたが買えば、株価も上がる投資法とは

今回の悩みを抱えている方は、逆張り投資をしている人が多くないですか?

株式投資は底で買って、天井で売ることがとても難しいです。

ということは、逆張りで下がっている株を買うと、買った時が底である確率は低いということになりますよね。
つまり、「買えば下がる」という現象がよく起こるわけです。

そして、さらに下がって、損に耐えられず狼狽売りします。
この時、多くの個人投資家が同じような行動をとるので、セリングクライマックスを迎えて、底を形成することが多いのです。
そして、セリクラを迎えた株価は反転します。
これが、「売れば上がる」の正体です。

逆張りが劣っている投資法ということではないですが、初心者には難しい投資法ってことですね。

初心者の方に限って、短期間に大きく儲けようとして、チャートが下がったところで買って大きな値幅を取ろうと考えるものです。

ちなみに初心者の逆張りって、「下がり過ぎだから買う」というパターンが多いと思います。

でも、その株が「下がり過ぎ」って誰が決めました?

おそらくチャートを見て、すごい下がって見えるから「下がり過ぎ」って思っているだけですよね?

株価なんて下がる時はいくらでも下がります。
直近と比較して下がっているから、下がり過ぎとは限らないんです。

「下がり過ぎだから買う」という考えはやめる

初心者のうちは、上がっている株を見ると、「もう上がっちゃってるから、大きな値幅は取れないなぁ」と考えてしまい、先ほどのように下がっている株に手を出してしまいます。

そこで、ひとつ提案があります。

今日を機に、「下がり過ぎだから買う」という考えはやめちゃいませんか?

そして、次のように考えましょう。

「上がっているから買おう」

先ほど書いたように、株式投資は底で買って天井で売るのが難しいです。
ということは、まだ上がりそうだなと思う株を買えば、その時の株価が天井という確率は低いということです。
つまり、買えばしばらく株価は上がっていく可能性が高いというわけですね。

この時、上がり過ぎと感じた場合は買わなければいいだけの話です。

逆張りの時は、下がり過ぎと感じると、買う行動を起こしてしまいましたよね。
そして、その判断が間違っていると損が出てしまいました。

しかし、順張りの場合は、上がり過ぎと感じたら、買う行動は起こさないんです
だって、これ以上株価が上がると思ってないんですから。

したがって、上がり過ぎという判断が、仮に間違っていても、機会損失をするだけで済むんです。
実際に損することはないんですよ。

考え方の違いだけで、結果がこれだけ変わってくるんです。なんだか面白いですね。

さあ、思い切って上がっている株を買ってみましょう!
もちろん全戦全勝というわけには行きませんが、今までと違う結果が待っているはずです。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。