投資のヒント

    株を買うタイミングについて

    株式投資で利益を出すためには、「安く買って、高く売る」簡単に言うとこれだけです。

    ただし、安く手に入れるといっても、安く売ってくれる人がいないと手に入れることは出来ません。
    当然、売る方は出来るだけ高く売りたいと考えています。

    その中で、買う方は買わなければならないわけです。

    しかし、今後成長していくであろう企業の株を、安く売ろうとする人はまずいません。

    株を買うタイミングについて

    では、どういう時に株を買う判断をするするのか

    1.  売る人より、その企業の成長を見込んでいる時
    2. 市場全体の下落に連れて狼狽売りされた時

    大きく分けるとこの2パターンになります。

    パターン①については、買うタイミングは常に存在していることになります。
    「もうこれぐらいだろう」と考え売る人がいる一方で、「いや、まだまだ上がる」と期待して買う人がいる。
    これが平常時の株式相場です。

    そして、もう1つのパターンは、市場全体が下落し、その企業自体には何の問題も無くても、売られる場合です。

    このパターンはいつも起こるわけではなく、市場全体が大きく下げた時に起こります。

    もし、こういう株を仕込むことが出来れば、利益を上げる確率は増えることになります。

    ひとつの目安として

    私は月足チャートの順張り、日足チャートの逆張りをすることがよくあります。

    これを言葉で表現すると、長期的には成長期待が高いが、短期的には売られた状態。

    要するに、先ほど説明した2つのパターンが現れている可能性が高いと考えています。

    ただ急激に月足チャートが上昇している場合は、何かが爆発的ヒットしたときに現れるので、長期的な成長を予測するのが難しいです。

    私が好みなのは月足で緩やかな上昇トレンドを描いていて、特別な理由も見当たらないのに短期的に急降下した場合です。


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。