投資のヒント

    投資は勝ち方を知っているより、負け方を知っている方が強い

    株式投資をやっていて、どうやったら勝てるかばかり考えていませんか?

    もちろん、どうやったら勝てるかを日々考え、勉強し、調べることは重要です。

    しかし、勝つ術だけを身につけたとして、投資で損をしないかというとそういうわけではありません。

    投資は勝ち方を知っているより、負け方を知っている方が強い

    必勝法を見つけない限り、必ず損をするトレードがあります。

    その時に、「ここで買って、ここまで上がったら売る」という買った時のシナリオしか持っていないと、どうなるか?

    それに反して下がった時にどうすればいいか分からなくなってしまい、損切りできずに塩漬け株を作ったり、大きく下がったところで狼狽売りしたりする可能性が高くなります。

    そして、株式投資ではたった1回の大失敗でも再起不能になってしまうほどのダメージを負うことがあります。

    そういうトレードをしていては、資産を殖やしていくことは難しくなってしまいます。

    損をするトレードで、どれだけ損を小さくできるか

    トレードが上手く行っている時は、利益も出ているので、冷静でいられます。

    あとはどのタイミングで利益確定をするかを考えればいいだけです。

    とはいえ、利益確定も奥が深く、利益確定した後に大きく上がる経験を何度もすると、どこで売ったらいいかの判断が難しんですよね。

    でも、仮に利益確定が早すぎても、損はしなかっただけいいと思えばいいんです。

    逆にトレードが上手く行かず、含み損を抱えていると、冷静な判断が難しくなります。

    それを防ぐためには、エントリーする前にあらかじめ損切りポイントを決めておくことが重要です。

    そうしておくことで、損をするトレードで損失を限定することができます。

    損切りポイントをどこに置くか?

    残念ながらこれには正解がありません。

    なぜなら、人それぞれトレードスタイルも違えば、損の許容範囲も違うからです。

    デイトレ、スイング、中長期でトレードしている人の損切りポイントが同じってことはないですよね。

    ここに関しては、自分で試行錯誤を繰り返して、見つけるしかありません。

    ある意味、そのポイントを見つけることできて、はじめて「投資」といえるのかもしれません。

    それができずにやっているのは、損失の管理が出来ていない事になりますので「投資」ではなく「投機」に近いと言えるかもしれません。

    「投資」って難しいですね


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。