投資のヒント

株式投資で1億円稼いだ時の勝率を計算してみました。その結果は?

株式投資で1億とか稼いでいる人の勝率がどれぐらいなのか気になりませんか?

ブログの中で、株式投資に勝率は関係ないと書いておきながら、実際の勝率がどれぐらいなのか私自身計算したことがなかったので計算してみるとこにしました。

株式投資で1億円稼いだ時の勝率を計算してみました。その結果は?

【計算方法】
SBI証券の「口座管理>取引履歴>譲渡益税明細」からデータをダウンロードし、利益確定した決済取引を「勝ち」、損切りした決済取引を「負け」として勝率を算出しました。なお、配当金などの損益は除外しました。対象年は、2016~2018の3年間です。

プロフィールでも書いたように、私は2015年のチャイナショックの影響で証券口座の資産残高が一時200万円台まで下がりました。2000万じゃないですよ、200万です
そして、そのあとの3年間で約50倍に殖やし劇的な復活を遂げたわけです。
まあ相場環境に助けられたと言われればそうかも知れませんが、調子のよかった3年間といえます。

ちなみに、この3年間は信用取引も全力買い状態でハイリスクな投資をしております(笑)
そうでもしないと3年間で50倍は実現困難だと思います。
一般的にはおすすめできない投資法ですが、投資額が少なく、リスクを許容できる場合はそんなハイリスクな投資もありだと思っています。そして、大きく殖やした後は、徐々にリスクを減らしていけば良いのです。

さてさて、前置きが長くなりましたが、どれぐらいの勝率だったと思いますか?

私の感覚では、勝率50%は超えていると思うけど、80%まではいかないかなという予想です。

結果発表

それでは、年毎に結果を発表していきます。

ここにボックスタイトルを入力

【2016年】

・653戦 433勝220敗 勝率66.31%

合計損益(配当等除く)
41,874,641円

【2017年】

・757戦 532勝225敗 勝率70.28%

合計損益(配当等除く)
46,424,207円

【2018年】

・754戦428勝326敗 勝率56.76%

合計損益(配当等除く)
34,205,096円

結果的には、勝率と合計損益が比例するような形になってて、勝率が結果に影響してるように見えますが、2018年のように勝率56%でも3000万以上の利益は出せているわけです。

これが、仮に勝率50%下回ったからといって利益がマイナスにはならないと思います。そういう意味で、「株式投資に勝率は関係ない」と言っているわけです。

ちなみに、2018年は年末に急落した結果、数字が悪化してしまいましたが、急落するまでは順調だったんですけどね。

いかがでしたか?

勝率は事前の感覚と近かったです。
3年間の合計では勝率64.37%という数値になりました。

びっくりするほど高くないですよね?
3回に1回ぐらいは損切りしている計算です。
勝率だけであれば、達成可能な数字だと思います。

でも、これぐらいの勝率でも3年間の合計利益は122,503,904円となっています。
勝つときも負ける時も同じぐらいの額が増減していたのでは、このような結果にはなりません。

勝率50%を少し上回ったぐらいでこれぐらいの利益を出すには、やはり「損小利大」が出来ていないと達成は難しいです。

それを証明するために、それぞれの年のトップ5とワースト5の損益額も紹介します。

2016年

 トップ5

銘柄コード

銘柄

集計

3690

ロックオン

13,817,038

2352

エイジア

11,049,244

6619

ダブル・スコープ

9,750,676

3679

じげん

8,245,797

3687

フィックスターズ

2,598,426

 ワースト5

銘柄コード

銘柄

集計

4819

デジタルガレージ

-1,800,895

2122

インタースペース

-1,715,812

4751

サイバーエージェント

-1,175,302

2307

クロスキャット

-1,078,847

6929

日本セラミック

-606,217

 

 2017年

 トップ5

銘柄コード

銘柄

集計

3687

フィックスターズ

9,699,948

4847

インテリジェント ウェイブ

9,138,196

6890

フェローテックホールディングス

5,559,759

9782

デイーエムエス

4,740,821

2352

エイジア

4,388,994

 ワースト5

銘柄コード

銘柄

集計

4819

デジタルガレージ

-1,214,256

6627

テラプローブ

-373,587

2178

トライステージ

-164,527

9749

富士ソフト

-92,940

6240

ヤマシンフィルタ

-47,031

 

 2018年

 トップ5

銘柄コード

銘柄

集計

3655

ブレインパッド

18,024,604

2352

エイジア

16,406,472

6976

太陽誘電

5,642,175

3401

帝人

3,081,335

4819

デジタルガレージ

1,501,054

 ワースト5

銘柄コード

銘柄

集計

3918

PCIホールディングス

-4,992,240

6927

ヘリオス テクノ ホールディング

-2,769,878

4299

ハイマックス

-2,606,338

8219

青山商事

-439,096

7751

キヤノン

-434,346

 

上の数字は各銘柄の年間合計損益なので、1回のトレードで利益確定や損切りしたわけではありませんが、ちゃんと「損小利大」になってますね。
どの年もトップ5の銘柄だけで数千万の利益を出せています。
それに比べるとワースト5の方は損を限定できていますね。

ただ、私も偉そうに「損小利大」なんて言っていますが、まだまだだと思っています。
損切りが遅すぎたり、利益確定が早すぎたりなんてことはまだあります。
でも完璧に出来ていなくてもこれだけの結果が残せているので、意識して実践していくだけでも効果はあると思います。

おそらく、今後、勝率が劇的に高くなるということはないと思っていますので、「損小利大」の精度を上げていきたいと思っています。

さて、今回は年間勝率や年間損益のトップ5とワースト5を紹介したわけですが、みなさんも時間がある時にやってみると面白いですよ。
エクセルのピボットテーブルとかが使えると簡単に今回のような集計が出来ます。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。