投資のヒント

    【図解】株式投資で成功するために大切なたった1つのこと

    先日記事にした、【図解】私の投資手法。このやり方で1億稼ぎました。が好評だったので、今回も図解の記事を作成してみるとこにしました。

    【図解】株式投資で成功するために大切なたった1つのこと

    やっぱり、文字だけより図や絵があった方が理解しやすいですよね。

    今後も図解できるものはそうしていきたいと思います。

    さて、今回は「株式投資で成功するために大切なたった1つのこと」ですが、

    なんだと思いますか?

    2つのベクトルの向きが合わないと利益は出ない

    株式投資の世界には、いろいろな投資法、分析手法などがあります。
    ただ、どんな方法を使って株を買うにしても、すべてに共通していることがあります。

    それは、その会社の株価が上がると、あなた自身が感じていることです。

    上がると感じなければ、その会社の株は買わないはずです。

    違いますか?

    ということは、あなたの感性のベクトル株価のベクトルが一致しないと、利益は出ないということです。

    そう。株式投資の成功のカギは、あなたの「感性」が握っているのです。

     

    株を買うか買わないか、利益が出るか出ないかは次の3パターンしかありません。

    1. あなたが上がると感じて株を買っても、株価が下がれば利益は出ません
    2. あなたが上がると感じなければ、その株は買わないです。仮に、株価が上がっても、株を保有していないので利益は出ません
    3. あなたが上がると感じ株を買い、その通り株価も上がれば利益が出ます

    図にしてみました。

     

    2つのベクトルの向きを合わせるには?

    これには次の3つのタイプに分かれると思います。

    1. 投資のセンスがあって最初から向きが合う人
    2. 努力や経験で徐々に向きが合ってくる人
    3. どんなに頑張っても向きが合わない人

    ①の人は、投資の天才と言うしかないですね。そういう人たちにしかない感性を持っているんだと思います。本人たちは、当たり前だと感じているかもしれませんけどね。野球界で言えば長島茂雄さんみたいな人たちでしょうか。
    「これから、グォ~って上がるから、その時ポチッと買えばいいんだよ」みたいな(笑)
    なので、そういう人たちのやり方を聞いても分かりにくかったりするかもしれませんね。

    続いて②の人ですが、このタイプが一番多いと思います。私もこのタイプですね。向きが合ってくるまでに掛かる時間は人それぞれです。努力次第でその期間は早めることはできると思います。
    私の場合は15年ぐらいかかってようやく合ってきたかなという感じです。ただ、①の人のように天才ではないので、いつ向きが合わなくなるか不安ですね。

    最後に③の人。いてほしくはないですけど、もしかしたらこのタイプに該当する人もいるかもしれません。私自身も、15年かかっていますから、途中で諦めていればこのタイプということで投資の世界からは身を引いていたかもしれません。
    でも、私がそうであったように、諦めずにトレードを続けていれば、いつかは合うと信じています。

    株式投資の世界では一流を目指さなくていい

    書いてて思いましたが、結局、今回の内容はどの分野でも当てはまることなんですよね。

    スポーツの分野でもそうです。最初から割と上手にできてしまう人もいれば、努力を重ねて後から伸びてくる人もいます。逆に努力をしてもある程度のレベルまでしか達しない人がいるのも事実です。
    ただ、スポーツの世界では一流にならないと、飯は食っていけませんが、幸い株式投資の世界では一流にならなくても、収入を得るレベルまでは達することは可能です。

    先ほどの図で言えば、一流の人は両方のベクトルがほぼ一致している人だとすると、普通の人は、だいたい同じ方向を向いているかなというレベルだと思います。

    でも、それでいいんです。
    真逆さえ向いていなければ利益は出ますから。

    まずはそこを目指していきましょう!


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。