投資のヒント

株主優待銘柄の買い方のポイント!安易に買うと損するかも!?

株主優待がもらえるから株を買ったのに、結果的に優待額以上の損を出してしまったなんて経験はないですか?

株主優待銘柄の買い方のポイント!安易に買うと損するかも!?

そこで、今日は株主優待銘柄を買う際、私がどういうところをチェックしているか紹介します。

株主優待銘柄のチェックポイント

  • ­自分にとって必要かどうかを基準に選ぶ
  • ­利用できる店舗、条件などを事前に確認する
  • ­株主優待銘柄でも値上がり益を得るために買う

最近は桐谷広人さんなどの影響で、株主優待に注目している個人投資家も増えてきているようです。ネットや書籍などでもおすすめの優待銘柄が紹介されていますよね。

ただ、おすすめされているからと言って、必ずしも万人にとっておすすめということではありません

優待利回りが高くても、もらえる優待内容に興味がない、優待をもらっても使う機会があまりないなどでは、意味がないわけです。

おすすめされている優待銘柄は、それを紹介している人にとってはメリットがあるということです。

したがって、私たちが株主優待銘柄を買おうとした場合、「この優待がもらえたら助かるな」という自分目線の基準で銘柄を選びましょう。

例えば、災害時の水を自分で用意する代わりに、株主優待で水をもらえば、定期的に買う手間が省けるなとか、育ち盛りの子供がいるからお米をもらえると助かるとか、それぞれの生活の手助けとなってくれる銘柄がおすすめです。

次に生活に役立ちそうだなという銘柄を見つけたら、その優待内容をよく確認しましょう。
飲食券などは使える店舗がどこなのか、一度に使えるのはいくらまでなのかなどを確認しましょう。優待内容が魅力的でも近くに使える店舗がないと、使わないまま期限が過ぎてしまうなんてこともあります。また、飲食券などの場合、飲食代のすべてに優待が使えるものもあれば、1000円ごとに500円までしか使えないといった優待もあります。

最後に、株主優待目的で株を買う場合でも、値上がり益も狙える銘柄やタイミングで買うようにしています。そこは、優待銘柄以外の株を買うときと同じです。

中には、株主優待銘柄を買うときは、業績や株価指標など何も気にせず買ってしまうなんて人もいます。
ただ、株主優待銘柄だって、企業業績によって株価が上下します。であれば、今後も業績が伸びていくか、株価が割高になっていないかなどを事前に調べて、値上がり目的で株を買う場合と同様の買い方をしたほうがいいですよね。

うまく行けば優待と値上がり益をダブルゲットできます。

私の場合で言うと、3563 スシローGHDは、株価が3500円ぐらいの時に購入して、現在では株価が7600円程になっています。

こんな銘柄もありますから、株主優待銘柄でも軽率に買うのではなくて、いつも通りキチンと銘柄選定して買いましょう。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。