投資のヒント

株価を頻繁にチェックしてもしなくても結果に大差なし

みなさんは、日中に株価のチェックはどれぐらい行っていますか?

投資初心者の場合、わたし自身もそうでしたが、投資している企業の株価が気になって気になって仕方ないですよね。

「上がった!下がった・・・。また、上がった!!」
なんて、投資初心者にとっては、株価の動き自体が新鮮で面白く感じるのではないでしょうか。

いやいや、その面白さは初心者に限らずですね。20年近く投資してきた私ですら、いまだに面白いと感じますから。

株価の値動きを見ているだけでも面白いのに、そこに自分のお金を投資して、株価に連動してお金が増えたり減ったりするわけですから、気にならないなんて人はいないですよね。

株価を頻繁に見ても結果がよくなるわけではない

株価を見れば見るほど、株価が上がるのであれば話は別ですが、残念ながら株価を見ても見なくても、株価は動くべき方向に動きます。

確かに、株価を頻繁に見ていると、急な値動きに対応できるというメリットはあります。

しかし、そのとき対応した行動が正しい行動だったかどうかは別問題です。

例えば、保有中の銘柄の株価が急落し、「暴落が始まった」と思い手仕舞いしたら、その直後反転して、上昇トレンドを形成・・・。そんなことがあります。

暴落した時、株価を見ていると怖くなって狼狽売りしてしまうかもしれませんが、株価を見ていなければ、狼狽売りをせずに上昇トレンドに乗ることが出来たわけです。

もちろん、反転せずに下がり続けた場合は、売っておいて正解だったということになります。

つまり、株価を常に見ていても、良い事ばかりではないということです。

むしろ、その時々の値動きに惑わされて、普段しない行動をとってしまいがちというのが私の経験からくる結論です。

スキャルやデイトレのように短期トレードであれば話は別ですが、私のように中長期で保有している銘柄の値動きが常に気になってしまう場合は、特に気を付けた方がいいと思います。

中長期保有の場合は、どっしり身構えて、短期の動きに惑わされないことが必要です。
私の場合は、売買する時は常に月足チャートを見て、中長期でトレンドが崩れていないかを確認します。
すると、短期では崩れたように見えても、中長期では、ほとんど崩れていないなんてことがよくあります。

私の場合、場中の株価チェックはお昼休みとトイレ休憩の時ぐらいでしょうか。

それでも、利益を出すことが出来ています。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。