投資のヒント

損切や利確は一度に全部する必要はない

損切りや利益確定するとき、保有株全部を一括決済してないですか。

もちろん保有株数が少ない時は仕方ないと思いますが、保有株数が多い時でも一括で全決済してしまう人、意外と多くないですか?

私自身もどちらかというとその傾向があります。

損切や利確は一度に全部する必要はない

損切りの時は、含み損から解放されて早くスッキリしたいという気持ちが働きます。

一方、利益確定の時は、これから株価が下がってしまったら、利益が減ってしまうという気持ちが働きます。

おそらく、そういう心理が一括で全決済という選択をしてしまうんだと思います。

しかし、必ずしもそうする必要はないんですよね。

例えば、大きく上がって取得価格から倍になったとします。
それだけ上がる銘柄ですから、今後も成長する会社であることが多いと思います。
もしかしたらテンバガー銘柄になるかもしれません。

そんな会社の株を倍になった時点ですべて決済しまったら、テンバガーの恩恵は受けられなくなってしまいます。

そこで、こんな考え方があります。

倍になったということは、100万投資していたら200万になったわけです。

その時、全額決済せずに、半分だけ決済します。そうすると、現金100万とその会社の株100万を持つことになります。

元本の100万は現金化しているので、もう損することはありません。

いわばタダでその会社の株を100万分持っていると考えることができます。
そうすると安心して長期保有ができますよね。

このやり方は特に新興市場などの成長株などの時に有効だと思います。

例えば、ガンホーのように100倍になるような株を、100倍になるまでずっと持ち続けているっていうことは結構難しいです。

たいていの場合は、数倍になれば満足して売ってしまいます。

しかし、倍になるごとに、半分ずつ売って行けば、少ない株数にはなってしまうかもしれませんが、100倍になるまで持ち続けることも可能になるかもしれません。

って、頭ではわかってても、実際に高額の含み益を目にすると一括で決済したくなっちゃうのが人間ってものですが(笑)


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。