セミリタイヤ

配当金が毎月の給与と同じぐらいになって思うこと

先日、配当金の見込額を計算してみたら、ついに現在の給与の月収と同程度になりました。

賞与等を考慮した場合の、年間収入ではまだ給与の方が多いですが、それでも月単位で給与並みの配当金が得られるようになったことはうれしい限りです。
やっとここまできたなという感じです。

ただ、現在39歳、小学校前の子が2人います。それに、住宅ローンも3500万円近く残っています。

う~ん、まだ退職するにはリスキーかなぁ。

配当金が毎月の給与と同額になって思うこと

配当金が給与と同程度になって、こんなことを考えるようになりました。

  • もし、働けなくなっても最低限の生活は出来るかな
  • 現在、妻と2馬力だけど、実質3馬力になった
  • 妻が仕事辞めても大丈夫かも
  • 私も転職しようかな
  • 夫婦でパートに転職してもやっていけそうかな
  • どれぐらいの配当金収入になったら退職しようかな
  • 他の副業もやってみようかな
  • 起業なんてのもありかな

他にもいろいろ考えることはありますが、ざっとこんな感じです。

今後の人生の選択肢が増えましたね。

お金は人生の選択肢を増やしてくれる

お金に対する考え方は人それぞれですが、無いよりあった方がいいのは全員一致の意見ではないでしょうか。

世の中で生きていく中で、「こうしたい、ああしたい、これがほしい、あれがほしい」という場面は日常よくある場面です。

そして、それらの願望を制約しているものが経済的な理由であることって多いと思います。

お金の制約さえなくなれば、出来るようになることってかなり増えると思うんです。

ただ、お金があって選択肢が増えれば幸せになれるかというと、それはまた別問題ですね。

お金が無くても幸せを感じている人はたくさんいますし、お金があっても幸せを感じられない人もいます。

幸せを感じられるお金の使い方をしたいものです


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。