投資のヒント

投資額が小さいうちは、レバレッジを利かせた集中投資もあり

みなさんは信用取引を利用していますか?

投資額が小さいうちは、レバレッジを利かせた集中投資もあり

わたしは信用取引ガンガン利用しています。
資産が1億を超えてきたので、そろそろ殖やす投資から減らさない投資をしなければとは思いつつ、配当金生活を実現するには1億ではまだまだ足りないので多少リスクを取って投資をしています。

ハイリスク投資

株式投資は余裕資金で始めなさいとよく言われていますよね。
みなさん余裕資金でできていますか?
30代で貯蓄ゼロの人が2割ほどいると言われる世の中で、本当に余裕のある人なんていませんよね。

投資するときの「余裕資金」ですが、仮にそのお金が無くても生活に困らないという意味での余裕と考えないと、いつまでたっても投資出来なくなってしまいます(笑)

さて、そんなリスクがとれる余裕資金をお持ちの方であれば、ある程度の額になるまでの期間限定という条件付きですが、超ハイリスクな投資法も個人的にはありだと思っています。

具体的には、信用取引などでレバレッジを利かせ、さらに数銘柄に集中投資するような投資法です。

実際に私もそのようにしてある程度まで資産を殖やしていきました。
もちろん、何回も失敗しましたよ。
で、余裕資金が出来れば入金して再チャレンジ。
その繰り返しです。

額の小さい余裕資金であれば、万が一なくなってしまっても、路頭に迷うことはないと思いますので、種銭を早く作るにはハイリスク投資法は効率的だと思います。

お金の世界は割合(%)の世界なので、種銭を早く作ればその後のお金の増え方も加速していきます。(参考:分散投資か集中投資か。どっちがいい?

そして、ある程度利益が出てきたら、少しずつ出金していって、元本部分はすべて出金してしまうのも効果的です。

そうすることで、利益部分だけでの運用となりますので、その後損をしてゼロになってしまっても元本は出金しているので絶対に損はしないわけです。

そうすると心に余裕が生まれますので、リスクも取りやすくなりますし、その後のトレードで冷静な判断ができるようになるというメリットもあります。

注意点

ただ、投資額が増えてきたときに、先ほどと同じように、信用取引を使って特定の銘柄に集中投資するのはおすすめしません。
失敗した場合にあっという間に利益が吹っ飛びます!
お金の世界は割合(%)の世界と言いましたが、それは損をするときも同じです。
わたしは2、3回やっているのですが、ひどい時は1日で1000万近く吹っ飛びました・・・。

投資額が増えてきたら、増やすことと同時に、いかに減らさないようにを考え守りの運用をすることも大切です。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。