投資のヒント

株式投資は上達すればするほど、コスパがあがる

株式投資には様々な投資法があります。
デイトレ、スキャル、スイング、バイ&ホールドなどなど

そして、投資法によって、投資にかかる時間数は変わってきます。

株式投資は上達すればするほど、コスパがあがる

慣れないうちは、どの銘柄を買おうかなぁ、どのタイミングで買おうかなぁなどの時間が多くなりがちですが、上達してくるとそういった時間が徐々に減ってきます。

私の場合、デイトレはやらず、スイングから中長期で保有することが多いです。
なので、一度買えばしばらくは保有するだけとなります。
そして、その間に次の候補銘柄を見つけるといった作業をしています。

また、買うタイミングについても、デイトレではない為、そんなにシビアに考えていません。

考えたところで、思惑通りに動かないということも長年の経験で分かっています。

なので、気になる銘柄を見つけたら、直近で大きく上昇していなければ、すぐ買ってしまうことがほとんどです。

すると、株式投資にかける時間っていうのはそんなに長くはならないんです。

株式投資は時間をかければかけるほど利益が出るわけじゃない

考えに考え抜いて選んだ銘柄を、絶妙と思ったタイミングで買ったと思っても、負けることもあるのが株式投資です。

銘柄選びや売買タイミングも利益を出すのに大切な要素であることは間違いありません。

しかし、それ以上に大切なことは、思惑通りに動かなかったときの対処の仕方です。

そこが、上手くできるかどうかが勝負の分かれ目です。

要するに「損小利大」や「損切り」と言われるものです。

このブログでもその辺のヒントになるよう記事を書いていますので参考にしてみてください。

投資のヒントへ

要は、どの銘柄を買うか決めたら、あれこれ考えても勝てる訳ではないので、サクッと買って、あとはその動向を見守る。

そして、予想通りに動かなければ、潔く損切り。

簡単に言うと、こんな感じでトレードしてます。


あなたの応援クリック励みになります!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。