投資のヒント

    分散投資か集中投資か。どっちがいい?どっちでもいい?

    「分散投資」がいいのか、「集中投資」がいいのかという議論がありますよね。

    分散投資か集中投資か。どっちがいい?どっちでもいい?

    投資書籍のうち初心者向けの本には大概「分散投資」「長期投資」「積立投資」がおすすめですよ~なんて書いてあります。

    なぜかというと、リスクが抑えられる投資法だからです。

    初心者がいきなり株式投資したってなかなか勝つことはできません。

    そこで、初心者向けとしては、「分散して長期に積立投資しましょう」ということになるのです。

    ただ、初心者向けではありますが、決して劣っている投資法ということではありませんよ。
    大きな資産を持っている人は、殖やしたいことより減らしたくないことを優先します。そういった場合にも長期積立分散投資が有効です。

    そのようなローリスクで運用したい、資産を減らしたくないという方には「長期積立分散投資」は有効な投資法ですが、残念ながら短期間で大きく殖やすのには不向きな投資法なんですよ。

    著名投資家のジム・ロジャーズなんかは分散投資ではなくて集中投資を推奨しています。

    彼は

    分散投資は安全だが、リッチにはなれない

    と言っています。

    結局どっちがいいの?

    私の経験からいくと、それぞれの状況に応じて使い分けるのがいいと思います。

    分散投資の方がいいかも

    ・投資している金額が大きい人
    ・今ある資産をできる限り減らさないようにしたい人

    集中投資でもアリかも

    ・投資額が少ない方
    ・リスクをとっても短期間で大きな利益を得たい方

    株式投資に限らず資産運用の世界は割合(%)の世界です。

    投資額が大きい方がリターンも大きくなります。

    そのため、投資額が小さいうちはできる限り早く殖やすことを考えた方が長い目で見た時にトータルリターンが大きくなる可能性があります。

    投資額が小さいうちから年利数%で運用しても、大して殖えていきません。

    そういった運用は投資額が数千万とか数億ある方がやる運用です。

    例えば100万を年利3%で運用しても利益は、年間30,000円にしかなりません。正直リスクを取って年間30,000万円の利益を目指すなら、日給1万のバイトを3回した方が効率的だと思います。

    しかし、1億を3%で運用すれば、年間3,000,000円の利益になるわけです。それぐらいの額になってくると、バイトなどで稼ぐのは難しくなってきますので運用した方が効率的です。

    投資額が小さいうちは多少リスクをとっても、まずはある程度資産を大きく殖やすことを目指していきましょう。

    だからといって全財産突っ込んじゃだめですよ。

    あくまで投資は余裕資金で!


    あなたの応援クリック励みになります!
    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村
    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。